メインロゴ

電磁波被害/電磁波対策/電磁波攻撃/電磁波調査、電磁波による被害など調査から対策までの相談サポートサイトです。

電磁波対策のご相談フォーム

24時間無料通話 ご相談窓口

0120-983-750

電磁波被害/電磁波対策/電磁波攻撃/電磁波調査の調査項目content

どのような調査が可能なのか

電磁波被害/電磁波対策/電磁波攻撃/電磁波調査は直接的な電磁波の測定だけでなく、様々な測定調査があります。各専門企業でしたらさらに高度な調査も可能です。ここではどのような調査方法があるのかをご紹介します。

調査項目例

磁波調査

ご自宅や会社などでは、隣接する建物や電化製品、電力会社の設備などなどあらゆる身近な無線機器から放射する電磁波の影響を受けることがあります。これらの外部からの電磁波被害を抑制するために、専門の機材を用いて電磁波を測定する方法です。

トーカー対策調査

「相手が誰なのか」「どのような目的なのか」を理解出来ないと、警察へ通報しても対応をしてくれないことがあります。尾行や張り込み、盗聴器/盗撮カメラの調査などを通じてストーカー被害の実態を調査することから、どのように防犯対策をしたら良いのか等のアドバイスを求めることも可能です。

聴器発見調査

盗聴方法はアナログ・デジタルを問わずその手口は巧妙になってきています。専門家による高レベルな機材を使うことで、見た目にはなかなか分かりにくい機器類などを発見することができます。

がらせ調査

最近では職場や学校をはじめとした嫌がらせの種類も多様化してきています。張り紙や落書き、車や自宅の外壁へのいたずらと言ったアナログなものから、 「LINE」「Twitter」 など SNSを使ったもの、「2ちゃんねる/5ちゃんねる」等掲示板への投稿によるデジタルでの嫌がらせなど、どのような被害状況があるのかを確認し、最適な対策方法のアドバイスを受けることができます。

隣トラブル調査

近隣トラブル/ご近所トラブル/隣人トラブルなど、マンションや一戸建てなど問わずご近所付き合いで生じる問題が拡大して、相手から意図しない嫌がらせを受けることがあります。特に集合住宅では隣家と左右や上下階で接していたり、住宅密集地で距離が近い場合などで、多くの問題が発生することがあります。騒音/光/臭い/視覚/振動などを切っ掛けに、事件に発生するケースもあります。これらの原因を突き止め、どのように対処すれば良いのかを調べることで解決の糸口を見つけることができます。

行調査

素行調査とは調査対象者の素行(行動)を調査する方法です。このため行動調査と言われることもあります。浮気調査や信用調査なども様々な調査が含まれます。例えば「氏素性」や「行動」「所在」など対象者の様々な項目を調べることができます。「尾行」「張り込み」「聞き込み」など専門家ならではの手法で対応します。国内のみならず、海外での対応も可能なケースもあります。

社(勤務先)調査 不正調査

「慰謝料や養育費未払いなど金銭問題に伴う差し押さえ」「失踪/退職した元社員の現在の勤務先の確認」「夫や妻など浮気相手の勤務先を調べる」「結婚や縁談に伴う子供や相手の職場の確認」などの場合に会社や勤務先についての実態を調査することがあります。相手方の情報詳細がどの程度分かるかによって、その期間や料金などが異なります。

音トラブル調査

隣家や車、音楽/声/音声から生活音まで様々なものが原因でトラブルに発生することがあります。騒音トラブルで難しいのは「音は人によって感じ方が異なる」ため、管理人や警察が対応してくれないことがあります。また、実際には出していないにも関わらず被害を訴えられるという逆のケースもあります。騒音の計測や測定の支援、データの解析などにより騒音がどのように発生しているかを明確にし、客観的に証拠として評価可能な資料を作成することで、公的機関や第三者機関への紹介/対応アドバイスなどを受けることができます。

教トラブル調査

日本では信教の自由が認められています。しかし、あまりにものめり込んでしまうことで財産を失ってしまったり、人間関係を崩壊させてしまうこともあります。宗教によるトラブルは家族だけでなく隣人も巻き込むことで周囲を不幸にしてしまうこともあります。これらを未然に防ぐために現状がどのような状態であるのか調査することが宗教トラブル調査の目的の一つです。現状の把握だけでなく、今後どのように対応したら良いのか本人も含めた専門家によるコンサルティングを受けられるサービスもあります。

辺調査

「身元」とは個人の出生から現在に至るまでの経歴や氏素性の事です。企業等がビジネス上の目的で行う調査だけでなく、縁談に際して行わる結婚調査など調査対象の「身元」に関連する内容を調査することが「身辺調査」です。家族構成や勤務先だけでなく、近年では反社会的勢力との関係性など、将来的なリスクを排除するための調査としても利用されています。

探し調査

「行方不明になった家族」「昔好きだった彼や彼女」「失踪した従業員や社長」「お世話になった親友や恩人」など、その所在を調査する方法です。「誰」「いつ」「どこ」などその所在を探したい調査対象者についての情報が多ければ多いほど調査は短期間で終了しますが、逆に情報が少ないほど難易度が上がります。出来る限り早期に多くの情報を提供することで、その対象者の足取りを掴むことが可能です。条件によっては国内のみならず海外での調査も可能なケースもあります。

殊調査

「事故被害調査」「追跡調査」「アリバイ調査」「犯罪調査」等、上記に挙げる調査に含まれない多種多様な調査を「特殊調査」と呼びます。探偵業法に基づく許可を得た業者にのみ可能な調査形態です。警察や弁護士に訴えても「被害が不明確なので対応出来ない」「相手が分からないので対応できない」など、現在の法律では対処出来ない事例もあります。「調査」を通じて解決の方法を模索するのが「特殊調査」の特徴です。

お悩みの解決は1分の無料相談フォームから

あなたのお悩みにプロがお答えします!24時間無料相談フォーム

お電話ご相談窓口 24時間ご相談窓口

0120-983-750

お急ぎの場合お電話で受け付けております。

お悩みや、ご状況、調査したい事柄などなんでもお聞かせください。
またご要望があればあなたのご状況にあわせた調査費用の、お見積も承っております。
●入力してください
●入力してください
●入力してください
●入力してください●メールの形式が正しくありません
●入力してください
●入力してください
円くらい
●入力してください
※通信はSSLで暗号化されますので、
ご安心ください。